婚活サイト婚活は理想的な相手に出会いたいという需要の多さで、いっきに広まりました。

今までの堅苦しいお見合いなどでなく、明るく自然な形での出会いが人気です。結婚したくても出会いがない方には、この婚活人気は絶好の機会だといえるでしょう。

お見合いやパーティーなどでの出会いに抵抗がある方も、最初の一歩さえ踏み出せば、運命の出会いがあるかもしれませんw
スポンサードリンク

婚活とは 結婚へ最短ルート?

「婚活(こんかつ)」と言う言葉が使われ始めたのはまだ最近のことですが、若い方には馴染みのある言葉ですがご存知でしょうか。

婚活の意味は、結婚したいができない男女に対して、結婚のサポートが必要だと考えられたことから、婚活は就職活動のように結婚をす為に行う行動のことをいい、この言葉は雑誌から生まれた造語になります。

未婚の男女の方は、恋愛についてはいろいろな経験などで、解らない事も解決するでしょうが、結婚になると、始めて経験する方には解らない事ばかりでしょう。結婚はよくタイミングだ、結婚はそのときの勢いで行うものだ、など、とてもデリケートなものと考えられていて、これが重要だとも言われています。

婚活という言葉が言われる前は、「結婚適齢期」と言う言葉で、男女共に25歳前後の年齢で言われていましたが、結婚をする男女の年齢はどんどんと高くなり、30歳代で結婚する男女は珍しくなくなりました。これに伴い女性が出産する年齢も高くなっています。以前に言われた20歳代の結婚はむしろ早い結婚と言われるまでになっています。

これは、社会事情や風潮が結婚の年齢を、どんどんと高くしていることが挙げられます。男女ともに就く仕事が忙しく、結婚が後まわしになっていて、特に女性の社会進出がめざましく、会社の重要なポストに就く方も増えています。

仕事が原因で結婚年齢が高くなっているとは一概に言えませんが、仕事を行う事で稼ぐ収入は多い方がいいという考えが多いことと、その収入が低く結婚ができるだけの自信がないという方の考えがあるようです。これは、結婚後の生活にも影響していて、ほとんどの世帯では共働きの世帯になっています。

このように社旗不安が原因で、結婚の年齢が高くなり、更に結婚を行わない方が増えている現状を、豊かな社会とは言えないでしょう。
  • 2010/06/21 00:28:21